Monthly Archives: 5月 2015

結婚指輪の選び方愛の形を美しく身に着けていくために

細い指の人の場合指は長い?短い?

細くて長い指の持ち主の方は大抵のデザインがよく似合うので、指輪を選ぶのにもデザインの幅が広くなります。その中でも指の細さが際立つ人が、自分が好きなデザインだからといって重厚なものを選ぶのはやめたほうが良いでしょう。また華奢すぎるデザインのものも要注意です、指輪の存在感が消えてしまいます。ストレートや個性的なアームもよく似合いますが、繊細なデザインを選んだ方がいいでしょう。指の短い人はV字やS字などのアームを選ぶなどすると美しいラインを強調できます。

太い指の人の場合デザインで差をつける

太くて長い指の人は繊細なデザインの華奢なものを選ぶより、ちょっと個性的なものを選んだ方がいいでしょう。アームも幅が広いものやウェーブ状のもの、個性的な彫刻や石の配置のものを選んでも、着こなせてしまうのがこの指の持ち主の特権です。太くて短い指の人はかわいらしい指の持ち主なので、アームは太い幅のものではないV字やウェーブ状のもので、小さな石を中央に配置したものなどを選ぶと、石にポイントが移るためかわいらしい指を演出することができます。

肌の色は気にしていますか?肌色との馴染みをチェック

色白の人の場合は、プラチナやホワイトゴールドなどのシルバー系の色味が似合うでしょう。反対に色黒の人の場合にはイエローゴールドなどのカラーが似合うと言われていますが、ここで大事なのが実際に指に着けてみて自分の肌との色味を見てみることです。色白の人に最も似合う色はピンクゴールドだといわれていますが、一概にそうだとは言えません。指輪と肌色との相性を考えたとき、ゴールド系とシルバー系のアクセサリーを付けたときにどちらが違和感がないかどうかを考えると自分に似合う色を見つけ出すことができるでしょう。

婚約指輪は男性が女性を永遠に愛する事を約束する為にプレゼントするリングです。素材はプラチナで石はダイヤモンドの指輪が多く選ばれています。

知っておきたい!結婚式について大切なこと

ヘアメイクさんについての予備知識

普段ヘアカットに行ってる美容院のスタイリストさんを持ち込みたいという場合には、まず婚礼現場での経験があるかどうかの確認が必要です。なぜなら、スケジュール上、花嫁の支度時間やヘアチェンジの時間が限られているからです。また、和装の場合には、婚礼和装着付けの特別な技術が必要ですから、和装希望の場合には、よほど技術を持った人でない限り、持ち込みはしないほうがいいでしょう。ドレスや小物が決まったら、その写真を携えて、ヘアメイクさんと一緒に髪型やメイクを決めていきます。事前に、ブライダル雑誌などを見て、こんなふうにしたいというものをピックアップしていくと、イメージを伝えやすいですよ。

引き出物持ち込みの予備知識

引き出物の持ち込みをする際に注意しなければいけないのは、持ち込みするものが分かりやすく準備されていることです。自分たちで持ち込んだものであっても、ひとたび会場に持ち込まれた段階から、会場側の責任で準備が行われますね。もしものこと(たとえば、破損、数不足、のしの間違い)があった場合のリスクがあることを知っておくと、準備と確認、そして、もしものときの対応(予備を用意するなど)をしっかりして、持ち込むことができるでしょう。

値引き交渉の予備知識

最初から値引き交渉をされすぎると、会場側も、ちょっと不安と不満になりますが、2人の思いがしっかりしていて、なおかつ、本気の交渉であれば、キチンと聞いてくれますよ。ただ、担当プランナーにすべての決定権があるわけではありませんので、上司と相談するため、少々時間がかかることもありますね。好感が持てるカップル、本気で幸せな1日をつくりたいと思っているカップル、何のために結婚式や披露宴を行うのかをしっかり伝えられるカップル、そして、納得してお金を払いたいと思っているカップルに対しては、値引き交渉であっても、キチンと対応してくれるものですよ。

結婚式ティアラはウエディングをより華やかにすることが出来るアイテムなのでドレスに合ったものを選ぶと良いでしょう。