プロポーズから結婚式までのスケジュールと準備

By | 2015年5月30日

結婚の決意!プロポーズの後は両親への挨拶

プロポーズと言えば男性にとっては、一大決心でのぞみ、女性としては、憧れと理想に胸を膨らませて、その瞬間に期待を込めるものですが、何はともあれ、お互いの結婚の意志が決まったら、そこからが二人の結婚式に向かい準備と言う大仕事がはじまるのです。結婚は、お互いの両親や親類との付き合いの始まりでもあり、二人の決意とともにその報告のためお互いの両親へ挨拶に行きます。挨拶には、好印象をあたえるため正装で、何と言っても緊張と不安を抱くのは当たり前ですが、誠意をもって一生懸命二人の想いを両親に伝えれば、その思いは両親に伝わるものです。

結納からはじまる結婚式の準備

両親に認めてもらえば、次に両家の両親との顔あわせがあります。そこで、結納の件や挙式に向かって必要な事がらを話し合います。結納が済めば、正式に結婚式への準備を始めます。まず、結婚式場を決める為、何件かの結婚式場を回って、話を聞いたり、パンフレットを集めたり、ブライダルフェアに行ったりと情報を集めながら予算やゲストの人数、料理の内容、交通のアクセス、日程などの条件を踏まえ式場を選びます。式場が決まれば、衣装を選んだり、披露宴の打ち合わせ、招待状を出したり、新婚旅行の場所などを決めるなど何かと忙しい日々が続くものです。

二人の生活をはじめる新居の準備

結婚式の事ばかりではなく、結婚した後に、二人が生活する新居を準備しておく必要があります。両親と同居の場合は、部屋の広さもある程度決まっているので、持って行く荷物も事前に話し合っておく必要があります。また、二人のみで住む賃貸を探す場合は、生活においてお互いのニーズに便利な立地条件の所を選ぶ事が大切ですが、お互いの希望ばかりを主張してもなかなか決まらないので、二人で良く話し合って納得した上で決める事をお勧めします。また、家族が増える将来の事も考えて物件を選んでおくとすぐに引越しを考えなくていいものです。

結婚式を都内で検討されている方には、結婚式場を神奈川でも探してみることをオススメします。都内からのアクセスも比較的良いところが多く、式場のクオリティーも大変良いです。都内ですと場所代でどうしても費用が高くなりがちですが、少し場所を移動して神奈川県での挙式を検討することで、同じ費用でもクオリティーの高い結婚式を挙げられるかもしれませんよ。